浪速の弁慶 亀田は負けてもチャンピオン?!亀田大毅が会見せず逃げた | 女性芸能スキャンダルニュース局

浪速の弁慶 亀田は負けてもチャンピオン?!亀田大毅が会見せず逃げた

Sponsored Link


浪速の弁慶 亀田は負けてもチャンピオン?!亀田大毅が会見せず逃げた
images (7)

まさか負けてもチャンピオンとは・・?
どうも、ボクシングのルールがそうしたらしい。ルールはルールだが、なんか釈然としない。

何が起きたのか?

WBA・IBF世界スーパーフライ級王座統一戦 IBF王者の亀田大毅のファイトでおきた。

なんとも、ボクサーとして、すでに失格寸前だが、計量失敗したWBA王座を剥奪された
リボリオ・ソリス(31)=ベネズエラ=に1‐2の判定 となり、負けてしまった。

本来は両王座が空位になるはず。

しかし、IBFルールに基づき、大毅は王座にとどまると説明した。

結局結果はどうだったのか。

“浪速の弁慶”は負けてもチャンピオンや!!

前日計量では、ソリスが体重超過でWBAに王座を剥奪された。

そして、試合当日は、IBF王者の大毅がソリスに判定で敗れ、誰もが王座陥落と思ったが、
IBFは王座を保持という前代未聞の結論を出した。

 

会見逃亡?逃げた?

テレビ局も知っててわざと統一戦だの負けたら亀田のベルトが空位になるだのとデマ流して視聴者釣ったんだろ。おそらく・・
テレビ局に抗議の電話したら「うちには関係ありませんから!!」と勝手に切っられてしまった。

亀田ジム関係者は「負けても王座のままです」と繰り返してごまかした。

負けてしまった亀田大毅は会見を行わずに会場を去った。報道陣から「逃げた」との声も。

 

まとめ

冷静に考えてみよう。

王者が計量失敗した場合(WBA王座)
王者が勝てば空位、挑戦者が勝てば王座獲得

挑戦者が計量失敗した場合(IBF王座)
試合をした場合はノンタイトル戦に変更でベルトの移動は無し

が通例である。

亀田擁護じゃないけど、前の日にソリスが勝ったら両王座空位ってのを聞いて、あれ?と思ったところだ。

どうもテレビ局に視聴率の件で黒いものがうごいてそうだ。

 


Sponsored Link

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 女性芸能スキャンダルニュース局

この記事へのコメント

女性芸能スキャンダルニュース局 TOP » 芸能ニュース » 浪速の弁慶 亀田は負けてもチャンピオン?!亀田大毅が会見せず逃げた